法華宗(本門流)の公式ページ。法華経に基づいて信心をすすめ、この世の中に真の幸福な世界を築くことを目的としています。

法華宗(本門流)

文字サイズ変更

  • お問い合わせ電話番号03-5614-3055

大本山 光長寺

  • 大本山 光長寺
  • 大本山 光長寺
  • 大本山 光長寺
  • 大本山 光長寺
  • 大本山 光長寺
  • 大本山 光長寺
  • 大本山 光長寺
  • 大本山 光長寺
  • 大本山 光長寺
  • 大本山 光長寺
  • 大本山 光長寺
  • 大本山 光長寺
写真をクリックすると上部に拡大表示します。

基本情報

大本山 光長寺

  • 静岡県沼津市岡宮1055番地
  • 055(921)0484
  • 東海道新幹線「三島」駅より、車で15分
  • なし

概要

開創 建治2年(1276)   開基 日蓮大聖人  同時二祖 日春・日法聖人

光長寺(こうちょうじ)は、宗祖日蓮大聖人が開かれ、御直弟「日春(にっしゅん)聖人・日法(にっぽう)聖人」の御二人が協力して建立された宗祖直伝の本山です。

日法聖人は、幼少のころから宗祖のもとに御仕えし、中老僧の筆頭に数えらており、日春聖人は、宗祖の御命令で沼津地方を布教された日法聖人の御教化を受け、宗祖の御弟子となった元天台宗の高僧です。

御二人の聖人の御協力を尊び、いずれを先ともなし難く、〈同時二祖(どうじにそ)〉と申し上げます。

室町時代の中頃、大学頭本果院日朝(ほんがいんにっちょう)聖人は本能寺・本興寺の御開山日隆聖人と〈一味法水(いちみほっすい)〉の約を結ばれ、法華宗を再興されました。

また光長寺には、日春・日法両聖人以来伝承する宗祖の御真筆本尊、宗祖の御舎利(おんしゃり)、中世の文学作品等、多くの宗宝、重要文化財が格護されています。

御前様からのお話

大本山光長寺貫首 石田日信
 光長寺は日蓮大聖人のお弟子さま、日春聖人日法聖人お二人の協力によって、鎌倉時代健治2年(1276)沼津岡の宮の地に開かれた寺、法華宗(本門流)4大本山の1寺です。
 法華宗は全仏教を統一する法華経の教えによって、私たちの生き方を学ぶ宗教です。真実の生き方とは、法華経の中心の教えである永遠の寿命を知る中で、現在の自分を位置づけることから始まります。私は、かってに一人で生きているのではありません、全ての動物も植物も世間も国土もかかわりあって生きていることを見つめます。  いやなことがある、苦しいことがある、悲しいことがある、困難がある。声をあげてさがせば、小さな光りかも知れないが、きっと光があります。日蓮大聖人が唱え弘められた南無妙法蓮華経と唱える教えは、光りをさがし出す声、ぼさつを呼び出す声です。
 願わなければ前に進みません。祈らなければ浄化はできません。感謝の心を育てなければ和はつくれません。南無妙法蓮華経と唱える教えは、生きる力を蘇らせる法界の呼び声、本仏の呼び声、そしてあなたの呼び声です。いっしょにお祈りをしましょう。ご参詣をお待ち受けいたします。
大本山光長寺貫首 石田日信

年間行事予定

月日 行事 ご説明
1月 1日 元旦祝祷会 午前0時元旦祝祷会が大本堂で奉行される。記念するところは四海皆帰妙法・天下泰平・国土安穏・五穀豊穣・万民快楽・寺門興隆・総檀信徒中各家家内安全・年中安泰のご祈祷を修行。早朝6時より法要は御本院御歴代・門末歴代・総檀信徒中・法界の供養を奉行する。大本堂の勤行の後、山内各所(祖師堂・日春堂、歴代廟遥拝・番神堂・塔頭五坊・山門)を巡り参拝する。この法要後、古書院にしつらえた、本来より蓬莱山と称し、ご本尊を奉掛して本山の年中安泰・門末・檀信徒の家運隆昌をご祈祷後、御貫首猊下の年頭ご挨拶を賜り、元旦祝祷会が奉行される。この部屋は大正天皇、摂政宮行啓の玉座である。
山神御縁日 光長寺の現在境内地より、直線にして2.5キロの所にある山ノ神の御縁日。ある山林の中に石の祠があり、当山の地続きの旧境内地で北東(表鬼門)にあたる。そこに境内守護として山ノ神が祀られている。毎年、正月17日、御貫首導師の下、光長寺一山の年中守護を祈念する。
2月 3日 節分会
初午
毘沙門天
3月 彼岸入り 彼岸入り題目
4月 5日 開基会・千部会
5月 12日 伊豆御法難会
30日 光輪廟法要・祠堂法要
7月 25日 御虫干会
8月 第一土曜日 門池施餓鬼法要 門池は黄瀬川より水を引き入れた用水池である。昔しばしば水難事故があった。その水難横死犠牲者供養と痛ましい事故防止に毎年8月第1土曜日にこの施餓鬼法要が光長寺一山の僧侶が出仕して修行する。ちなみに門池は現在遊泳禁止となっている。
17日 盂蘭盆会施餓鬼法要 古来より盆終わりの8月17日に施餓鬼法要を修行している。本院歴代・塔頭歴代・塔頭五坊総檀信徒・新盆の精霊の盂蘭盆施餓鬼法要を修行する。
24日 番神会・納骨堂法要 毎年8月24日三十番神会・法華擁護善神に法楽を捧げ、総檀信徒の安楽を祈る法要である。現在の社壇は享和2年(1802)の建立である。納骨堂安置の諸霊の供養を修行する。
9月 12日 龍口法難会
彼岸入り 彼岸入り題目
10月 12日 御会式御逮夜法要・御正當法要
13日 晨朝法要
12月 31日 除夜法要 除夜法要の開始は大晦日、午後5時大本堂にて本年の無事を報謝して御報恩謝徳法要より鐘つき法要まで種々法要が修行される。まず11時15分、本年度諸御守り札御守護御礼法要(お焚き上げ)。この法要は一年間、お守りいただいた事を感謝し祈る法要です。11時30分鐘楼堂にて行く年の無事を感謝・来る年の平安安穏を記念し、御貫首猊下のつき始めで107名の鐘つき奉仕者による除夜法要が修行される。
毎月 13日 本山講 光長寺御開山、日蓮大聖人の御命日に一座の法要を修行し、祖師報恩・万霊供養の法座を修行している。

今週の法華宗行事予定(4.23〜4.29)

4.24
・月例開山講(14:00~)
 【大本山本興寺】
4.25
・御廟所誕生寺 管長猊下参拝
 
4.28
・開宗会一万遍唱題行
 【大本山光長寺】
・開宗会(朝勤時)
 【大本山本能寺】
・開宗会暁天唱題行
 【興隆学林】
  • 無上道
  • まんがで読む法華宗
  • 法華宗アクセスマップ
  • フォトギャラリー
  • 日蓮大聖人今月のお言葉
  • 全日本仏教会
  • 学校法人法華学園興隆学林専門学校
  • 法華宗教学研究所
ページの先頭へ戻る